報道関係お問合せ窓口
プレスリリース第1号(2001年10月23日発表)
プレスリリース第2号(2001年11月6日発表)
◇プレスリリース第3号(2001年11月15日発表)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
≪今世紀最初にして最大と予測される
「しし座流星群」が11月18〜19日に出現≫
複数のボランティアグループが力を結集!
産官学を巻き込み、世界に向けて世紀の天文ショーを
インターネットで多元中継
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
日本しし座流星群観測ネットワーク連絡会(http://www.shishi.jp/ 以下、略称ANJLOとする、添付資料1参照)は、11月18日夜から19日未明に出現すると予測されている「しし座流星群」出現時に協力し合い、インターネットを通じて世界に多元中継します。
最大の見所である、18日23時から19日5時までの中継は、流星インターネット中継で実績のある「ライブ!レオニズ実行委員会」がこれまでの中継ノウハウを生かし、ANJLO構成団体から提供される観測データを加工等によって多角的に楽しめる工夫をしました。中継にあたっては、三菱電機株式会社、日本科学未来館、東京大学、日本大学などをはじめ、多くの企業、国立施設、大学からの協賛、協力を受けました。詳細については、ライブ!レオニズ実行委員会ホームページをご覧ください。
LIVE!プログラムとして下記コーナーを用意しました。
1)LIVE!ビデオ:しし座流星群解説番組「大出現〜しし座流星群〜」(毛利宇宙飛行士他出演)をオーストラリアのMt.Isa(マウント・アイザ)や銀河の森天文台(北海道陸別市)、広島大学(広島県東広島市)、座間小学校(沖縄県座間市)からの流星ビデオ映像中継を交えながらインターネット番組として放送。
2)LIVE!イメージ:しし座流星群ベストショットを随時更新3)LIVE!モデル:しし座流星群の3D立体モデル表示4)LIVE!レポート:ANJLO各団体の観測地より状況をレポート5) 世界13カ国73観測地からの電波観測データによる流星数をグラフで速報6)LIVE!ガッテン:サイト評価の投票★多元中継するホームページアドレスは下記です。
日本語版>> http://www.live-leonids.jp/
英語版 >>http://www.live-leonids.jp/eng/
携帯用 >> http://www.442001.jp/ (しし・にせんいち)
 中継前には、株式会社ネットマイルの協力で出現警報メールを用意しました。
事前登録者に18日の当日昼頃に到来予告メール、出現時に到来お知らせメールを携帯メールアドレス等に配信します。
中継終了後には、国内の高校生159グループ、1729人(11日現在)による観 測結果や研究者、有志によると観測結果も順次提供します。
また、中継中に提供した動画像は、VOD(ビデオ・オン・デマンド)として数日後に提供しますので、しし座流星群を見逃した方や繰り返し見たい方が利用することができます。
なお、NASAしし座流星群国際航空機観測ミッション(以下、略称LeonidMAC)が上空からハイビジョン撮影した動画像の提供も予定していましたが、昨今の米国を取り巻く国際情勢の急変化により、チャーター機を整備する敷地内への米国籍を持たない外国人の立ち入り許可がキャンセルされました。そこで同ミッションの日本チームは急遽、米ハワイ・マウナケア山頂で独自開発の可視・紫外ハイビジョンシステムを使った観測をすることになりました。詳細は、添付資料23をご覧ください。
【報道関係者問い合わせ窓口】
<日本しし座流星群観測ネットワーク連絡会(ANJLO)>
広報 株式会社ウィル内(担当:石川)
TEL: 03-5384-7585 070-5990-9194 FAX: 03-5384-7586
E-mail:press@live-leonids.jp
※ 11月18日18:00から19日6:00にかけては、日本科学未来館内に設置するプレスセンター(TEL.03-3570-9560 ) にお問い合わせください。当日、日本科学未来館での取材を希望する報道関係者は事前にご連絡ください。
※19日昼頃に速報リリースを出します。

資料1
日本しし座流星群観測ネットワーク連絡会について

日本しし座流星群観測ネットワーク連絡会(Associated Networks ofJapaneseLeonid Observers。略称ANJLO<アンジェロ>)は2001年10月に発足した国内の流星研究者の集まりである。NASAしし座流星群国際航空機観測ミッションにたずさわっている矢野創が2001年7月に提唱した。日本で大出現の可能性が高い今年、観測グループが集まって情報発信することになった。 ANJLOの代表は発起人である矢野創(宇宙科学研究所助手)とライブ!レオニズ実行委員会で流星中継の実績がある尾久土正己(みさと天文台台長)が共同で務めめる。ANJLOを構成する観測ネットワークは下記8団体(50音順)
1)京都大学宙空電波科学研究センター信楽MU観測所[略称:MUレーダー]
2)高校生天体観測ネットワーク [略称:Astro-HS]
3)しし座流星群電波観測プロジェクト [略称:AMRO]
4)大学生による太陽系天体観測網 [略称:AUUI-COMPASS]
5)NASAしし座流星群国際航空機観測ミッション [略称:Leonid MAC]
6)日本流星研究会同報有志
7)ライブ!レオニズ実行委員会
8)流星痕同時観測キャンペーン2001
詳しくは、http://www.shishi.jp/の構成団体資料を参照のこと。
▲戻る

資料2
ANJLO構成団体の最新情報

▼京都大学宙空電波科学研究センター信楽MU観測所15日11時28分より流星観測を開始した。今日中には速報WEBページを立ち上げ、20日朝まで観測を継続する。
▼高校生天体観測ネットワーク
国内は、35都道府県、159グループ、1729名参加予定(11/11現在)。この中には、全島避難中で多摩地区で観測する三宅島高校も含む。最終的な集計では、170グループ、2000名規模に達するものと予想。
http://www.astro-hs.net/jp/secret/jp1111.html
海外は、10ヶ国17グループで、ここ数日の間に、急激に増加傾向。
http://www.astro-hs.net/en/group.html
40台の高感度カメラを使用したビデオ観測ネットワークは、北海道から沖縄まで網羅。
http://www.astro-hs.net/jp/video_map.html
高校生ネットワークに、天文学者アッシャー氏からの激励メールが届いた。
http://www.astro-hs.net/jp/index.html
▼しし座流星群電波観測プロジェクト
現在13ヵ国73観測地からのエントリーがあり、76データ収録予定。速報は約20サイト,ライブは合計で13カ所(フランス・オーストラリアが未定)。アメリカ・イギリスからの中継が成立し、フランス・オーストラリアの速報も閲覧可能となった。14日からライブと速報を部分開始した。
→速 報 http://homepage2.nifty.com/~baron/leo01_j.htm
→ライブ http://homepage2.nifty.com/~baron/leolive01_j.htm
▼Leonid MAC日本チーム
宇宙科学研究所・理化学研究所・名古屋大学・日本流星研究会・国立天文台などで構成される今年のLeonid MAC日本チームは、独自の可視・紫外ハイビジョンカメラを新開発し、超高度発光流星の発光機構や、彗星塵内の有機物の分光検出などを目指している。ところが、米国を取り巻く昨今の情勢変化により、当初予定された観測用航空機に、米国籍以外の研究者が搭乗するのが、直前になって困難になった。そのため、日本チームでは国立天文台の御厚意を得て、標高4,000m超の米ハワイ島・マウナケア山頂のすばる天文台から、上記の科学観測を実施する予定に変更した。Live!Leonidsには、観測数日前から「観測日記」や当日には速報を提供し、観測終了後には動画像提供、および初期成果を報告する予定である。なお、新開発したハイビジョンカメラのもう一台は国内に配する。さらにオーストラリアでもライブ配信用の観測機材を提供たり、紫外域での立体観測を試みる。12月1−2日には日本未来科学館にて、今回撮像したハイビジョンビデオを使った流星群の計数観測会を実施する。さらに、過去数年間の航空機ミッションの科学観測の集大成となる「しし座流星群国際シンポジウム(仮称)」の日本開催も、来春に計画されている。
▼流星痕同時観測キャンペーン2001
観測地点は北海道から宮崎にかけて17地点(11月14日現在)
▲戻る

資料3
Leonid MAC紹介文の改訂版

☆NASAしし座流星群国際航空機観測ミッション[略称:Leonid MAC]
日本代表:矢野創(宇宙科学研究所惑星研究系・助手)
URL:http://www.as-exploration.com/mef/leonid/leo_link.html/
- 活動内容:1998年以来、毎年しし群極大が予測される地域の雲の上へ、世界中の研究者と最新の計測機器を乗せた観測用航空機を飛ばし、様々な角度からしし座流星群を徹底的に解剖することを目的としている。いわば地球の大気を巨大な「ダスト計測器」に見立てた「宇宙へ出ない」彗星探査ミッションである。98年は日本の沖縄上空、99年には中東〜ヨーロッパ〜大西洋上空にて実施された。日本からは過去二年間、NHKが開発した超高感度ハイビジョンカメラを搭載して、最微流星のフラックス計測による人工衛星への衝突危険性の評価や、立体観測による軌道・高度と分光の時間変化の測定などを行ってきた。本年は、宇宙科学研究所・理化学研究所・名古屋大学・日本流星研究会・国立天文台らの共同で、独自の可視・紫外ハイビジョンカメラを新開発し、超高度発光流星の発光機構や、彗星塵内の有機物の分光検出などを目指している。しかしながら、米国を取り巻く昨今の情勢変化により、外国人研究者が搭乗するのが直前になって困難になった。そのため、日本チームでは国立天文台の御厚意を得て、標高4,000m超の米ハワイ島・マウナケア山頂にて、上記の科学観測を実施することに変更した。なお、もう一台のハイビジョンカメラを国内に配する他、オーストラリアではライブ配信用の観測機材を提供し、紫外域での立体観測も試みる。
- ANJLOでの役割:
標高4000m超のすばる天文台から撮影した動画像提供および初期成果の報告ハワイ観測日記の提供
オーストラリアからのライブ配信ための観測機器・画像提供当ホームページでの科学解説
▲戻る

▲TOPへ戻る