報道関係お問合せ窓口
プレスリリース第1号(2001年10月23日発表)
◇プレスリリース第2号(2001年11月6日発表)
プレスリリース第3号(2001年11月15日発表)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
=インターネット番組「大出現〜しし座流星群〜」=
毛利衛宇宙飛行士、J-WAVEパーソナリティRYUほか出演で
日本科学未来館をセンターに多元生中継
〜11月18日23時より http://www.shishi.jp/
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 日本しし座流星群観測ネットワーク連絡会(以下、略称ANJLOとする)メンバーの「ライブ!レオニズ実行委員会」(代表:尾久土正己)は、日本科学未来館(東京都江東区、館長:毛利衛)の協力を得て、インターネット番組「大出現〜しし座流星群〜」を放送します。放送時間は11月18日23時から19日5時までです。ホームページアドレスは、http://www.shishi.jp/ です。

 番組前半(23時から2時まで)は、J-WAVEパーソナリティのRYU司会で、毛利館長、尾久土実行委員長らによるしし座流星群の解説トク番組となります。しし座流星群のメカニズムや歴史、見え方、観測各地からの直前情報、上手な観測方法、観測後のインターネットの教育用方法など様々な角度から話をしていきます。また、番組放送中は、一般の方からの質問をメールで受け付け、その場で回答していきます。質問の宛先は、miraikan@live-leonids.jpです。

 番組後半(2時から5時まで)は、国内複数地点(北海道、広島、沖縄)とオーストラリアからのビデオ映像を中心にお届けします。また、放送時間全体にわたって複数地点での電波観測データを元にグラフを10分ごとに更新していきます。

 番組終了後には、全国の高校生や研究者、有志らによる眼視観測結果やNASAしし座流星群国際航空機観測ミッションで上空からハイビジョン撮影した動画像等も見ることができます。

 番組を見るためには、 RealPlayer, WindowsMedia Player,QuickTime Playerなど専用のソフト (いずれも無料で各社のサイトからダウンロード可能) が必要です。

 今回、日本科学未来館はENOC (エンコーディング & ネットワークオペレーションセンター)としての機能も果たします。撮影された静止画、動画は、日本国内ではインターネットを通じ、日本科学未来館まで届けられ、オーストラリアからの動画は、三菱電機株式会社の協力により、衛星回線を用いてTV クオリティで日本まで届きます。国内外の電波観測データや科学未来館での電波観測データも集められ、インターネットで配信されます。

 また、当日館内には本番組対応のためにプレスセンター(18日18:00から19日06:00 まで、TEL. 03-3570-9560 )を設置し、報道機関の取材及びアクセス速報値の問い合わせに対応します。

 ライブ!レオニズ実行委員会は、これまでに、1998、99年の2回、国内外からの流星インターネット中継を行ってきており、今回で3回目になります。これまでの中継と異なる点は、放送局レベルの日本科学未来館のスタジオを使ってピーク出現前にインターネット向けの解説番組を放送し、出現ピーク時にはANJLO構成団体との協力によって様々な観測データを提供することで多角的に楽しめる工夫を試みていることです。

▲戻る

<日本科学未来館について>
日本科学未来館は、2001年7月、毛利衛宇宙飛行士を館長として開館しました。「リアリティとの共鳴」をキーワードに、参加体験型の展示や、科学者・技術者との交流イベントなどにより、最先端の科学技術にじかに触れ、体験できる空間を作りました。新しい知識を得るだけでなく、来館者が主体的に科学に触れ、現代社会のなかでの科学技術の役割を考え、創造してゆく運動体を目指します。運営については、ボランティアによる支援を積極的に呼びかけており、現在約200名のボランティアが登録しています。

▲戻る

<日本しし座流星群観測ネットワーク連絡会について>
日本しし座流星群観測ネットワーク連絡会(Associated Networksof Japanese Leonid Observers。略称ANJLO)は2001年10月に発足した国内の流星研究者の集まりです。NASAしし座流星群国際航空機観測ミッションにたずさわっている矢野創が2001年7月に提唱しました。これまで流星を観測するグループは研究者、アマチュア天文家、学生によるもの等いくつかありましたがそれぞれ独自に活動していました。そこで、日本で大出現の可能性が高い今年、観測グループ集まって情報発信することになりました。 ANJLOの代表は発起人である矢野創(宇宙科学研究所助手)とライブ!レオニズ実行委員会で流星中継の実績がある尾久土正己(みさと天文台台長)が共同で務めます。
詳しくは、http://www.shishi.jp/の構成団体資料をご覧ください。

▲戻る

【報道関係者問い合わせ窓口】
<日本しし座流星群観測ネットワーク連絡会(ANJLO)>
広報 株式会社ウィル内(担当:石川)
TEL: 03-5384-7585 070-5990-9194 FAX: 03-5384-7586
E-mail:press@live-leonids.jp

11月18日18:00から19日6:00にかけては、日本科学未来館内に設置するプレスセンター(TEL.03-3570-9560 ) にお問い合わせください。当日、日本科学未来館での取材を希望する報道関係者は事前にご連絡ください。

▲戻る

▲TOPへ戻る